WORKS

設計事例

CHUNICHI DESIGN

FOCUS

病院

FOCUS

尾張温泉かにえ病院

  • 尾張温泉かにえ病院
  • 尾張温泉かにえ病院
  • 尾張温泉かにえ病院
  • 尾張温泉かにえ病院
  • 尾張温泉かにえ病院
  • 尾張温泉かにえ病院
  • 尾張温泉かにえ病院
  • 尾張温泉かにえ病院
地域に親しまれる蟹江町唯一のケアミックス病院 愛知県海部郡蟹江町

 既存の病院より移転し、平成26年10月1日に新病院として開院。リハビリテーションを中心に回復期・療養・在宅医療に対応できる多様な病棟を持つ蟹江町唯一のケアミックス病院である。日本名泉百選の一つである尾張温泉の源泉を利用した温泉健康増進施設を併設し、温泉プールでの歩行浴や温泉浴による温泉療法が行える。
 建物構成は、1階に外来、2、3階に病棟、4階にリハビリテーションとし、温泉健康増進棟を本体棟南側に配置した。平面計画はできるだけシンプルで整形なプランとし、明快なゾーニングとした。
 外観は清潔感のある白系をベースにアクセントカラーとして茶を用いた、水平ラインを強調した意匠である。建物正面はカーテンウォールとし、開放的な外観としている。建物の東側と温泉健康増進棟屋上には、木とハーブのガーデンを作り、地域に親しまれる緑豊かな環境を提供している。

  • 竣工

    2014年8月

  • 用途

    病院

  • 規模

    鉄骨造

  • 延面積

    7,071.14㎡

  • 階数

    4階

  • 備考

    病床数:104床

エントランス

足が不自由な患者さんが多いため、できる限り楽に出入りできるように
エントランスは大きく庇を張り出した車寄せスペースを設けた。
風除室は全面ガラス張りとして広く確保し、大きな館内案内も設けて患者さんに分かりやすくした。

1階 待合ホール・受付

受付カウンターは曲線形状とすることで柔らかい雰囲気を出すとともに
受付、会計、案内等患者さんに分かりやすいように表示をした。
外観のアクセントカラーと調和した茶を用いて、落ち着いた雰囲気としている。

4階リハビリテーション

リハビリ室を最上階(4階)に配置したことにより、柱をなくし天井を高くとり、広々としたリハビリスペースを確保。
見晴らしや風通しも良く、気持ちの良い空間を提供できている。

遊歩道とハーブガーデン

周辺環境に配慮し、建物の東側に季節の緑を楽しめる遊歩道や温泉健康増進棟屋上に
ハーブガーデンを配置しており、周辺環境にも配慮している。
患者さんの憩いの場、リハビリスペースとしても活用される空間を設けた。