WORKS

設計事例

CHUNICHI DESIGN

FOCUS

事務所

FOCUS

シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター

  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
  • シンフォニアテクノロジー株式会社 豊橋製作所 新技術開発センター
愛知県豊橋市

モノとシステムをつくる会社であるため、製品開発力の強化できる執務空間を演出し、安全で安心して働ける環境に配慮しました。建物が生み出す豊かな空間の中、省エネルギー設備の充実整備により、環境にやさしい建物を目指した。

  • 竣工

    2014年3月

  • 用途

    事務所

  • 規模

    鉄骨造

  • 延面積

    8,899.32㎡

  • 階数

    6階

  • 備考

    第27回豊橋商工会議所都市デザイン文化賞 受賞
    2015年度 第28回 日経ニューオフィス賞 中部ニューオフィス奨励賞 受賞
    CASBEE(建築環境総合性能評価システム) 最高評価「Sランク」 達成

外観全景

南北面は日射遮蔽の水平・垂直ルーバーにより直射日光の遮蔽効果と間接光を取込むデザインとしました。
窓は遮熱・断熱ガラスを採用することで冷暖房の負荷を軽減し、
北面のガラスには新幹線騒音防止として真空ガラスを採用しています。

エントランスホール

技術・製品・サービス・ネットワークを紹介する展示スペース。
お客様が安心して来社していただく場所であるため、広々と明るい空間としました。

打合せ室廊下

廊下の両側には来客用応接室があり、窮屈感がでないよう応接室から光が漏れる計画としました。
上部を透明にすることで開放感がでるため、明るさと広さが感じられるよう配慮しました。